2021.10.08#その他

ピカリと輝く沖大生(51) 軟式野球部マネージャーの大見謝彩虹さん!大學軟式野球日本代表に選出

  1. HOME
  2. ニュース一覧
  3. ピカリと輝く沖大生(51) 軟式野球部マネージャーの大見謝彩虹さん!大學軟式野球...

本學、軟式野球部マネージャーの大見謝彩虹さん(福祉文化學科4年次)が、大學軟式野球日本代表に選出され、12月に予定されている「全日本大學野球軟式野球連盟 國際親善大會 全日本代表チーム」(通稱:大學軟式JAPAN)の活動に參加することが決まりました。
全日本大學軟式野球連盟に所屬する253チームの中から選出された精鋭25名のうち、マネージャー枠1名に選出されたのです。
大見謝さんにお話を伺いました。

Qセレクションに応募したことについてー

2年前に、先輩(福祉文化學科卒業生 金城良樹さん)が選手として全日本代表選手に選出されたことがきっかけで、マネージャー枠もあることを知り、チャレンジしたいなと大學最後の年に挑戦することにしました。書類選考から4人が6月に徳島で行われた審査に進み、その中から1人に選ばれ、嬉しい気持ちと同時に、重責を感じてはいます。

Q沖縄大學への進學、そして軟式野球部のマネージャーを務めることになったことについて

體育教師になりたいと小さい頃から思っていたことや親が沖縄大學出身ということもあり、國內派遣制度等、沖縄大學の良さを聞き、進學を決めました。
大學入學後に、先輩から軟式野球部のマネージャーをやらないかと勧められ、はじめてみましたが、沖大軟式野球部は人數が少ないぶん、選手との距離が近く、一緒にキャッチボールしたりと楽しみながら部活動ができ、どんどんマネージャー業にはまっていきました。選手に頼られることで、自分が必要とされていると思えて、どんどんやりがいを感じていきました。硬式野球に比べると軟式野球はマイナー競技で、試合のときも観客も少ないんですが、攻撃の仕方等軟式野球ならではのところが多々あるので、見ていておもしろいですし、雰囲気の良さがわたしにはあっている気がします。

Q今後の目標を聞かせてください

將來の夢は、體育教員か警察官になりたいなと思っています。教員採用試験は今年チャレンジし、1次通過とはいきませんでしたが、教育実習を控えているので、全力で取り組み、教師の道に自分が向いているかをきちんと見極めたいと思っています。
直近の目標は、チームが全日本大會出場に向け頑張れるように日々のマネージャー業を頑張りたいです。そして12月の全日本の活動については監督、コーチ、選手とのコミュニケーション能力が大事だと思うので、緊張しますが、がんばりたいと思っています。

国产成人无码免费视频在线观看,夜夜未满十八勿进的爽爽影院